来たれ、未来の獣医さん!

あじがく22日目。

今日は、長谷川自然牧場で、麻布大学の学生向けに県の家畜保健衛生所の方が講習会をして下さいました。 ニワトリとブタの採血をし、その血液を検査します。

血液を遠心分離機にかけて、血清、白血球、赤血球の割合を調べたり、

IMG_1551

IMG_1558

IMG_1565

顕微鏡で血液を観察したり。

IMG_1572

作業の合間合間には、県の方から、「血清が普通より多かったら、どういう原因が考えられる?」とか、「鳥の赤血球の特徴は?」などの質問が投げかけられ、これまでの勉強の復習テスト状態…。 2年生ということもあり、まだ教わっていないこともあったようですが、みんな一生懸命答えていました。

一通り実技(?)がおわると、若い職員の方から県職員の獣医さんのお仕事と、青森県の紹介。

IMG_1575

獣医さんというと、動物関連のお仕事かと思いきや、食の安全に関わるお仕事も多いようです。 麻布大学の学生が青森県に獣医として赴任して、長谷川自然牧場に来る後輩にレクチャーをして、「実は麻布大学出身なんだ!」とかいうことがあるといいなぁと思ってしまいました。

獣医さんに限らず、あじがくがきっかけで、将来、鰺ヶ沢や青森県に就職してくれる学生がいたら、事業に取り組んだ意義があるというものです。

byコーディネーター柴田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA