「あじがく」とは

「あじがく」は、鰺ヶ沢町域学連携事業の愛称です。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町では、平成25年度より総務省の「域学連携事業」に参加しています。

この事業では、都市部の大学生を若者が少なくなってしまった地域に招きます。大学生は、地域の現場で教室とは違った学習や研究に取り組みます。地域の側は、若者との交流によって活気を得たり、学生の研究成果・活動成果を地域づくりのきっかけにしたりすることができます。

「あじがく」では、法政大学、聖学院大学、麻布大学、東北学院大学、東洋大学、江戸川大学、名古屋大学といった大学から、学生・大学院生が町にやって来て、それぞれのテーマに沿って調査や体験活動を行います。

「あじがく」では、都市部の各大学と町とのコーディネイトを、地元・弘前大学と町役場とが一緒になって行っています。このコーディネイトにより、大学側の「こういう活動・研究がしたい」というニーズと、地域の「こういうことを調べてほしい、こういうことに困っている」というニーズとを結び付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA